VR用歩行装置 Crus

ユーザの進行方向に大腿部を支持し,歩行動作に応じて映像を変化させることによってVR空間内の歩行移動を錯覚させる,これまでにない新しいタイプのVR歩行装置を提供致します(歩行感覚呈示装置および呈示方法,日本国特許第6795190号,国際特許出願中)。

新発想のアイデア

本手法は机の前にクッションを当てて目を瞑り,歩く風景を思い浮かべながら前に進もうと足踏みすると歩行感覚に近い感覚が得られたという発明者自身の体験がヒントになっています。

本装置に興味がある方はまずは手持ちのクッションで同じことを試してみて下さい。少しでも歩く感覚に近い感覚が得られた方はVRにおいても同じ効果を得ることが期待出来ます。

シンプルな動作原理

進行方向に大腿部が支持された状況においては足が物理的に前に出ないため,荷重センサを用いて体の預け具合や足の動きから歩行動作や歩行速度を推定し,これに合わせて映像を変化させることで歩行感覚を錯覚させます。

本手法は体にセンサやシューズ,ハーネス等を装着する必要がないため,わずらわしさもなく手軽に使用することが出来ます(フルボディトラッキングは近日対応予定)。本装置は言わば体重計を横向きにしたようなものですので装置構造は至ってシンプル,消費電力も少なく(0.2W程度),従来法のように床が動いたり足を滑らせる違和感はありません。

デスクに固定可能な本体

Crus-TypeCは本体を机に取り付けるだけであれば設置場所は取りません(取り付け可能な最大板厚42mm。本体重量4.2kg,本体は専用スタンド(別売)に取り付けることも出来ます)。

高さ調整可能な軽量な専用スタンド

専用スタンドの土台サイズはΦ600㎜(重量9.5kg)/750㎜(重量13.5kg)の2種類,本体取付後の総重量はΦ600㎜で13.7kg,Φ750㎜で17.7kgと簡単に持ち運びや設置が可能です。スタンドの高さは2㎝毎に5段階(10cm)高さを調整可能なSサイズ(地面から大腿部までの高さ488㎜~588㎜程度。身長目安140~160㎝程度)と10段階(20㎝)高さを調整可能なLサイズ(大腿部高さ588㎜~788㎜程度。身長目安160~200㎝程度)の2種類を用意しています。

本体・スタンドカバーは水透明,若草(半透明),スカイブルー,レッドの4色から選べます。

専用ソフトウェアおよびキーエミュレーション

Crus-TypeCでは,専用の常駐ソフトウェア(for Windows10)によって,ユーザの体の預け具合,左右それぞれの足の上がり具合,進行方向等をリアルタイムに推定,モニタリングすることができ,前方向,斜め前方向,横方向に体を預けながらの歩行動作推定に合わせたキーエミュレーションが可能です。それぞれの歩行動作をキーボード操作やマウス操作,VRコントローラの操作等に置き換える(キーエミュレーションする)ことでVR空間内への移動へと変換します。これらのキーは常駐ソフトウェアで自由にカスタマイズ出来ますので,前進・横移動が可能なWADモードや,前進・旋回が可能なモード等に切り替えることが可能です。これにより,マウス・キーボードで移動操作可能な既存ソフトウェアや,VRコントローラで移動操作可能な既存ソフトウェアにおいては,これらの操作を歩行動作からの入力に置き換えることが可能です。

ソフトウェア開発キット

Crus-TypeCの常駐ソフトウェア(for Windows10)においては,推定した歩行動作(体の預け具合,左右それぞれの足の上がり具合,進行方向等)を指定アドレス・指定ポートに対してUDPで送信することが出来ます。受信側のプログラムで受信した歩行動作からアバターの動作および移動操作に反映させることで,歩行動作からVR空間内での移動へと変換することが可能です。UE4やUnity用のプラグインやサンプルプログラム等をまとめたソフトウェア開発キットは本ウェブサイトより順次ダウンロード可能にしていく予定です。